<600w彩票代理600w彩票代理600w彩票代理600w彩票代理 http-equiv="600w彩票代理ontent-600w彩票代理ype" content="text/html; charset=600w彩票代理600w彩票代理600w彩票代理-8"> BCN彩票网址 var _hmt = _hmt || []; (function() { var hm = document.createElement("script"); hm.src = "https://hm.baidu.com/hm.js?d387e539c1f2d34f09a9afbac8032280"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(hm, s); })();

神奈川のニュース

“小指かみ切る”动作…植松被告不在で审理

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害した罪などに问われた元职员の男の裁判员裁判が8日から始まった。男は起诉内容を认めたが、小指をかみ切るような动作をして休廷となり、午後は被告がいないまま审理が进められるなど、异例ずくめの裁判となった。 元职员の植松圣被告は2016年7月、相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害し、26人に重軽伤を负わせたとして杀人などの罪に问われている。 8日、横浜地裁で开かれた初公判は26の一般傍聴席に対して1944人の希望者が集まり、25分ほど遅れて始まった。起诉内容について间违いないか问われた植松被告は「ありません」と起诉内容を认めたが、弁护士から発言を促され、「みなさんに深くおわびいたします」と谢罪した直後、突然、右手の小指をかみ切るような动作をし、刑务官が取り押さえても抵抗を続けたため、わずか10分ほどで休廷となった。 裁判は午後1时过ぎに再开されたが、植松被告は姿を见せないまま审理が进められた。植松被告の责任能力の有无が最大の争点で、検察侧は冒头陈述で、「意思疎通のできない障害者は杀した方が良い」と考えるようになったと指摘。その上で、「植松被告は正常心理の范囲内で、病的な妄想などに支配されておらず完全责任能力がある」などと主张した。 一方、弁护侧は、「脱法ハーブや大麻を乱用して大麻精神病を発症し、事件当时は物事の善しあしを判断する能力は失われていた」として责任能力は问えないと主张した。 植松被告不在のため、予定されていた证拠调べは行われず、8日の裁判は午後2时半前に终了した。 また、裁判の冒头では裁判长から被害者に配虑し、傍聴席の一部を遮蔽板で见えなくしていることや匿名で审理を行うことが説明されるなど、异例ずくめの裁判となった。

神奈川2020.01.08 18:04

通勤ラッシュの电车内で女性に体液かける

通勤ラッシュの小田急线の电车内で、20代の女性に体液をかけたとして28歳の男が逮捕された。 警视庁によると、逮捕されたのは、神奈川県海老名市に住む会社员の吉田紘也容疑者で、去年9月、朝の通勤ラッシュで混み合う小田急线の车内で、20代の女性のスカートに自らの体液をかけた疑いがもたれている。 スカートに付着した体液のDNA型から吉田容疑者が浮上したという。调べに対し吉田容疑者は、「女性のスカートに体液がかかってしまったのは间违いないが、第三者が、私のズボンの中に手を入れてきたために女性にかかってしまった」などと话しているという。

神奈川2020.01.08 17:28

娘の名前公表“证し残したい”相模原杀害

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害した罪などに问われた男の裁判员裁判が8日から始まった。この裁判では、杀伤された45人の被害者の大半は匿名で审理される。こうした中、杀害された19歳の女性の母亲が、「娘が一生悬命生きていた证しを残したい」として、初めて娘の名前を明かし、手记を寄せた。 今回の裁判ではけがをした1人を除いて被害者を「甲A」「乙A」などと匿名で呼び、审理が行われる。 こうした中、犠牲となった19歳の女性の母亲が娘の名前を「美帆」と公表し、生後半年から亡くなる19歳までの4枚の写真とともに手记を公表した。 この中で母亲は「本当に笑顔が素敌でかわいくてしかたがない自慢の娘でした」「美帆は一生悬命生きていました。その证しを残したいと思います。美帆の名を覚えていてほしいです」「うちの娘は『甲』でも『乙』でもなく美帆です」などとつづっている。 また、「社会全体でもこのような悲しい事件が2度と起こらない世の中にするにはどうしたらいいか、议论して考えていただきたい」と思いを寄せている。

神奈川2020.01.08 15:07

相模原市19人杀害 起诉内容认める

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害した罪などに问われた男の裁判员裁判が8日から始まり、杀害などについて认めた。横浜地裁前から中継。 午前の裁判は、植松圣被告が突然両手を口に近づけ暴れ出して取り押さえられたため、10分ほどで休廷した。裁判は先ほどから再开したが、植松被告不在のまま进められている。 起诉状によると元职员の植松圣被告は2016年7月、相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害し、26人に重軽伤を负わせた杀人などの罪に问われている。 裁判は26の一般傍聴席に対して1944人が希望したため予定より25分ほど遅れて始まり、起诉内容について间违いないかと问われた植松被告は、「ありません」と起诉内容を认めた。 しかしその後、弁护士から発言を促されると、「みなさんに深くおわびいたします」と谢罪した直後、突然、両手を口に近づけ暴れ出したため、刑务官に取り押さえられ、裁判长が休廷を命じた。 先ほどから再开した裁判では、植松被告不在のまま进められている。検察侧は现在行われている冒头陈述で「责任能力の有无とその程度が争点だ」などと述べた。 一方、弁护侧は事件当时、心神丧失状态だったとして无罪主张する方针。また裁判では被害者に配虑し、法廷の3分の1が仕切りで区切られ、遗族らが傍聴人から见えないようにする异例の措置が取られている。

神奈川2020.01.08 14:10

相模原市19人杀害 被告が暴れ裁判休廷も

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施设「津久井やまゆり园」で入所者19人を杀害した罪などに问われた男の裁判员裁判が8日に始まり、男は起诉内容を认めた。横浜地裁前から中継。 裁判は25分遅れで始まったが、津久井やまゆり园の元职员?植松圣被告は「皆さんに深くおわび申し上げます」と话した後、暴れ出したため、裁判は休廷した。 起诉状によると、植松被告は2016年7月、津久井やまゆり园で入所者19人を杀害し、26人に重軽伤を负わせた杀人などの罪に问われている。 初公判で起诉内容について问われた植松被告は、起诉内容については认めた。 津久井やまゆり园?入仓かおる园长「ご遗族と同じ空间にいて、犯人に被告に向き合うということが、その现実そのものをしっかりと受け止めなくてはいけないと思っている」 植松被告は事件当时から一贯して障害者を差别する主张を缲り返している。 裁判で検察侧は植松被告に完全责任能力があることを立证していくとみられるが、弁护侧は事件当时、薬物の影响で心神丧失状态だったとして无罪主张する方针で、责任能力の有无が最大の争点。

神奈川2020.01.08 12:39

见出し、记事、写真、动画、図表などの无断転载を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについては
600w彩票代理 『日テレ600w彩票代理600w彩票代理600w彩票代理600w彩票代理24 ライブ配信』の推奨环境は

最新ニュース

必威彩票注册登陆 重庆体彩网 一分快三凤凰彩票网 必威彩票注册邀请码 九天彩票注册登陆 九天彩票最新邀请码 大华彩票网注册 誉鼎彩票注册邀请码 九天彩票登录网址 九天彩票注册邀请码